fc2ブログ
2023年1月14日(土) どんど焼きです
2023 / 01 / 08 ( Sun )

令和5年(2023年)1月14日(土)、


伊豆稲取でどんど焼きが行なわれます


平成31年(2019年)のどんど焼きの様子です




お正月飾りや門松、しめ飾り、お札などを持ち寄り


おたきあげします


20190114_000.jpg


その炎でみつまたに刺したおだんごを焼きます


20190114_002.jpg


このおだんごを食べると


風邪をひかないといわれています


昔から伝わるすてきな風習 。 。 。


20190114_001.jpg






以下、稲取総社 八幡神社さまのFacebookより


稲取地区では例年14日の朝に

「どんど焼き」が行われます。

昔は、正月に飾った門松やしめ飾りを

燃やす煙に乗って、新年に訪れた年神さまが

帰っていくと信じられていました。

「どんど焼き」「おんべ焼き」など

呼び名は様々ですが、平安時代に

悪霊を祓うために宮中で行われていた神事と、

古来より集落を守るために村境や辻などに

祀られてきた道祖神信仰とが結び付いた火祭りです。

どんど焼きの団子も、

鏡開きでお供え餅を食べるのと同じく、

神様と同じもの・おさがりをいただくことで

無病息災を願う風習のひとつです。

※ Facebook 2021年 1月14日記事より引用




22 : 28 : 50 | 稲取の伝統・風習 | コメント(0) | page top
伊豆稲取の正月飾り
2022 / 12 / 30 ( Fri )



20211219-_DSC2317_mini.jpg



新しい年神様を迎える、



伊豆稲取の独特なお飾りです



渋くてかっこいいでしょ?



お飾りに使われている材料には



それぞれ意味があるんです



下の写真でご確認ください




正月お飾り


ユズリハ
PIC_0043 mini


橙 (ダイダイ)
PIC_0045 mini


ウラジロ
PIC_0044 mini




2022年もあと二日 ・ ・ ・



うれしいことも悲しいことも



たくさんあった一年でした ・ ・ ・



新年がみなさまにとって



どうか良い年になりますように ・ ・ ・ (*'ω'*)





【稲取総社 八幡神社】




源頼朝さんも参詣された、



伊豆のスーパーパワースポット!



伊豆稲取にお越しの際は、



ぜひお参りください ・ ・ ・





静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1183−1













































08 : 56 : 09 | 稲取の伝統・風習 | コメント(0) | page top
大漁祈願!草薙 「はんまあさま」
2022 / 09 / 01 ( Thu )




毎年 9月9日は




伊豆稲取では重陽の節句 「はんまあさま」 が行われます




DSCF0140 mini-001 perfect




日本で重陽の節句が残っているのは



とてもめずらしいんです





※ 五節句とは ・ ・ ・ 1月7日【七草の節句】、3月3日【桃の節句】

5月5日【端午の節句】、7月7日【七夕の節句】、9月9日【重陽の節句】です






『はんまあさま』 という行事は



とくに漁師の家でおこなわれてきましたが



漁家の減少にともない



祝う家も少なくなりました ・ ・ ・









※ 「はんまあさま」 は唯一



伊豆稲取のみの伝統行事です












「はんまあさま」 とは ・ ・ ・



9月9日の前日、9月8日に



ハマユウの葉と松の葉で



奇数(おうちによっては家族の人数)分の



武士と魚・イカの人形を作り おぼんにのせ



柏餅(かしわもち)やお神酒といっしょに



神前に供えてまつります







20170910-_DSC7011 mini
きれいに洗ったハマユウの葉と松の葉




DSCF0163 mini
ハマユウ





DSCF0142-cut mini



※ はんまあさまはそれぞれの家に



   昔から伝わる作り方がありますので



  すべてがいっしょというわけではありません








翌日の9月9日の夕方



「イカとサンマにならっしぇえよ」



と唱えながら



泣きまねをして海に流します





20170910-_DSC7115 mini





はんまあさまの碑は



龍宮さま(龍宮神社)の鳥居のそばにまつられています





20180909-_DSC2418 mini
はんまあさまの碑



ph _DSC9056-9057-mini
龍宮さま(龍宮神社)






ちなみに ・ ・ ・



龍宮さまのお社についてる看板には




「願い叶えます お気軽にお参り下さい ・ ・ ・ 」



の文字が ・ ・ ・



ほんとうに願いが叶ってしまいそうな



親しみやすく、ほほえましい龍宮さまです











東伊豆町稲取のふるさと学級で



地元の子どもたちが毎年この貴重な行事を行っています





20170910-_DSC7107 mini







【 はんまあさまの由来 】 (概要)





むかし、むかし、稲取が



小さな漁村だったころのお話です



その年は、海に出ても一匹の魚も捕れず



毎日、毎日



ぼんやり海を見て暮らしていました




そんなある日



龍宮さまの沖にかけて、カモメの群れが



空いっぱいに舞い飛んでいました



久しぶりに漁ができると



勢いこんで漕ぎ出しました



漁師の目はとりやまの下に注がれました



すると、丸太を組んだイカダの上に



戦に敗れたと思われる武士が



折り重なるようにして息絶えていました




海で働く漁師にとっては



遭難者があったり



仏様が流れていたりするのを見て



そのままにしておくことはできません



戦に敗れてイカダの上で



仏様になった武士は



漁師たちに手厚く葬られました




その年を境にして



稲取の沖では



イカとサンマが



たくさん捕れるようになりました




今でも稲取の漁師は



漁をさせてくれる仏様を



「 はんまあさま 」 「 はんまあさま 」 と言って



毎年9月8日、9日におまつりをしています



稲取が小さな漁村だったころのお話です
















昨年 9月8日、はんまあさまを作り



お供え物をしました



翌日9月9日に



「イカとサンマにならっしぇよー」と



泣きまねをして海に流しました (*‘ω‘ *)




20210908_09_002_mini.jpg





























21 : 02 : 47 | 稲取の伝統・風習 | コメント(0) | page top
2022 初夏の稲取
2022 / 07 / 16 ( Sat )



ぐずついた雨模様 ・ ・ ・



伊豆稲取は



各区にある神社のお祭りの時期です











動画後半の男の子の「ねり」



かっこいい!!!



観光のお祭りではありませんが、



見かけたら、ぜひ足をとめてみて




令和4年(2022年)は、
7月13日は西町区の三島神社、
  14日は東区の八幡神社、
  15日は田町区の素盞鳴神社、
  16日は当番区(東区)、
  17日は入谷区・水下区の山神社、愛宕神社
  と分かれてます




独特な太く短いバチで演奏される太鼓



各区内を練り歩くことから、



稲取では『ねり』と呼びます



軽妙なリズムと、手首・腰をひねる



バチさばきは必見です



田町区で見られる「馬鹿ばやし」、



八幡神社例祭での



小学生による「巫女舞」も魅力



ただ、子どもたちによる「三番叟」は、



新型コロナウイルス感染症対策のため、



本年も中止となりました








雨の日の伊豆 ・ ・ ・



雨の伊豆天城も美しい ・ ・ ・



天城を通過されるなら、



こちらの動画もおすすめ







































18 : 37 : 48 | 稲取の伝統・風習 | コメント(0) | page top
草薙 「はんまあさま」で大漁祈願
2021 / 09 / 03 ( Fri )




毎年 9月9日は




伊豆稲取では重陽の節句 「はんまあさま」 が行われます




DSCF0140 mini-001 perfect




日本で重陽の節句が残っているのは



とてもめずらしいんです





※ 五節句とは ・ ・ ・ 1月7日【七草の節句】、3月3日【桃の節句】

5月5日【端午の節句】、7月7日【七夕の節句】、9月9日【重陽の節句】です






『はんまあさま』 という行事は



とくに漁師の家でおこなわれてきましたが



漁家の減少にともない



祝う家も少なくなりました ・ ・ ・









※ 「はんまあさま」 は唯一



伊豆稲取のみの伝統行事です












「はんまあさま」 とは ・ ・ ・



9月9日の前日、9月8日に



ハマユウの葉と松の葉で



奇数(おうちによっては家族の人数)分の



武士と魚・イカの人形を作り おぼんにのせ



柏餅(かしわもち)やお神酒といっしょに



神前に供えてまつります







20170910-_DSC7011 mini
きれいに洗ったハマユウの葉と松の葉




DSCF0163 mini
ハマユウ





DSCF0142-cut mini



※ はんまあさまはそれぞれの家に



   昔から伝わる作り方がありますので



  すべてがいっしょというわけではありません








翌日の9月9日の夕方



「イカとサンマにならっしぇえよ」



と唱えながら



泣きまねをして海に流します





20170910-_DSC7115 mini





はんまあさまの碑は



龍宮さま(龍宮神社)の鳥居のそばにまつられています





20180909-_DSC2418 mini
はんまあさまの碑



ph _DSC9056-9057-mini
龍宮さま(龍宮神社)






ちなみに ・ ・ ・



龍宮さまのお社についてる看板には




「願い叶えます お気軽にお参り下さい ・ ・ ・ 」



の文字が ・ ・ ・



ほんとうに願いが叶ってしまいそうな



親しみやすく、ほほえましい龍宮さまです











東伊豆町稲取のふるさと学級で



地元の子どもたちが毎年この貴重な行事を行っています





20170910-_DSC7107 mini

※ 今年は新型コロナウイルス感染防止のため中止となりました









【 はんまあさまの由来 】 (概要)





むかし、むかし、稲取が



小さな漁村だったころのお話です



その年は、海に出ても一匹の魚も捕れず



毎日、毎日



ぼんやり海を見て暮らしていました




そんなある日



龍宮さまの沖にかけて、カモメの群れが



空いっぱいに舞い飛んでいました



久しぶりに漁ができると



勢いこんで漕ぎ出しました



漁師の目はとりやまの下に注がれました



すると、丸太を組んだイカダの上に



戦に敗れたと思われる武士が



折り重なるようにして息絶えていました




海で働く漁師にとっては



遭難者があったり



仏様が流れていたりするのを見て



そのままにしておくことはできません



戦に敗れてイカダの上で



仏様になった武士は



漁師たちに手厚く葬られました




その年を境にして



稲取の沖では



イカとサンマが



たくさん捕れるようになりました




今でも稲取の漁師は



漁をさせてくれる仏様を



「 はんまあさま 」 「 はんまあさま 」 と言って



毎年9月8日、9日におまつりをしています



稲取が小さな漁村だったころのお話です













【 追記 】



9月8日、はんまあさまを作り



お供え物をしました



翌日9月9日に



「イカとサンマにならっしぇよー」と



泣きまねをして海に流しました (*‘ω‘ *)




20210908_09_002_mini.jpg





























22 : 24 : 55 | 稲取の伝統・風習 | コメント(0) | page top
伊豆稲取のお正月飾り
2020 / 12 / 26 ( Sat )



今年もお正月のお飾りを作りました。




伊豆稲取の独特な形のお飾りです。




渋くてかっこいいでしょ?




お飾りに使われている材料には




それぞれ意味があるんです。




下の写真でご確認ください。

正月お飾り


ユズリハ
PIC_0043 mini


橙 (ダイダイ)
PIC_0045 mini


ウラジロ
PIC_0044 mini





お飾りを作るといよいよ年末だなあと感じます。




2020年は世界中が大混乱の年でしたね ・ ・ ・




新年がみなさまにとって




どうか良い年になりますように ・ ・ ・ (*'ω'*)







































09 : 47 : 00 | 稲取の伝統・風習 | コメント(0) | page top
9月9日は重陽の節句 「はんまあさま」 令和2年
2020 / 09 / 09 ( Wed )




毎年 9月9日は




伊豆稲取では重陽の節句 「はんまあさま」 が行われます




DSCF0140 mini-001 perfect




日本で重陽の節句が残っているのは



とてもめずらしいんです





※ 五節句とは ・ ・ ・ 1月7日【七草の節句】、3月3日【桃の節句】

5月5日【端午の節句】、7月7日【七夕の節句】、9月9日【重陽の節句】です






『はんまあさま』 という行事は



とくに漁師の家でおこなわれてきましたが



漁家の減少にともない



祝う家も少なくなりました ・ ・ ・









※ 「はんまあさま」 は唯一



伊豆稲取のみの伝統行事です












「はんまあさま」 とは ・ ・ ・



9月9日の前日、9月8日に



ハマユウの葉と松の葉で



奇数(おうちによっては家族の人数)分の



武士と魚・イカの人形を作り おぼんにのせ



柏餅(かしわもち)やお神酒といっしょに



神前に供えてまつります







20170910-_DSC7011 mini
きれいに洗ったハマユウの葉と松の葉




DSCF0163 mini
ハマユウ





DSCF0142-cut mini



※ はんまあさまはそれぞれの家に



   昔から伝わる作り方がありますので



  すべてがいっしょというわけではありません








翌日の9月9日の夕方



「イカとサンマにならっしぇえよ」



と唱えながら



泣きまねをして海に流します





20170910-_DSC7115 mini





はんまあさまの碑は



龍宮さま(龍宮神社)の鳥居のそばにまつられています





20180909-_DSC2418 mini
はんまあさまの碑



ph _DSC9056-9057-mini
龍宮さま(龍宮神社)






ちなみに ・ ・ ・



龍宮さまのお社についてる看板には




「願い叶えます お気軽にお参り下さい ・ ・ ・ 」



の文字が ・ ・ ・



ほんとうに願いが叶ってしまいそうな



親しみやすく、ほほえましい龍宮さまです











東伊豆町稲取のふるさと学級で



地元の子どもたちが毎年この貴重な行事を行っています





20170910-_DSC7107 mini

※ 今年は新型コロナウイルス感染防止のため中止となりました









【 はんまあさまの由来 】 (概要)





むかし、むかし、稲取が



小さな漁村だったころのお話です



その年は、海に出ても一匹の魚も捕れず



毎日、毎日



ぼんやり海を見て暮らしていました




そんなある日



龍宮さまの沖にかけて、カモメの群れが



空いっぱいに舞い飛んでいました



久しぶりに漁ができると



勢いこんで漕ぎ出しました



漁師の目はとりやまの下に注がれました



すると、丸太を組んだイカダの上に



戦に敗れたと思われる武士が



折り重なるようにして息絶えていました




海で働く漁師にとっては



遭難者があったり



仏様が流れていたりするのを見て



そのままにしておくことはできません



戦に敗れてイカダの上で



仏様になった武士は



漁師たちに手厚く葬られました




その年を境にして



稲取の沖では



イカとサンマが



たくさん捕れるようになりました




今でも稲取の漁師は



漁をさせてくれる仏様を



「 はんまあさま 」 「 はんまあさま 」 と言って



毎年9月8日、9日におまつりをしています



稲取が小さな漁村だったころのお話です




































05 : 41 : 26 | 稲取の伝統・風習 | コメント(0) | page top
明日はどんど焼き
2020 / 01 / 13 ( Mon )



令和初のどんど焼きが




明日令和2年(2020年)1月14日行なわれます





下の動画は前回のどんど焼きの様子です










お正月飾りや門松、しめ縄、お札などを持ち寄り




おたきあげします




その炎でみつまたに刺したおだんごを焼きます




このおだんごを食べると




風邪をひかないといわれています




明日は天気もよさそう (´▽`*)




昔から伝わるすてきな風習だね







23 : 56 : 50 | 稲取の伝統・風習 | コメント(0) | page top
伊豆稲取のお正月飾り
2019 / 12 / 22 ( Sun )

今年もお正月のお飾りを作りました。




伊豆稲取の独特な形のお飾りです。




渋くてかっこいいでしょ?




お飾りに使われている材料には




それぞれ意味があるんです。




下の写真でご確認ください。

正月お飾り


ユズリハ
PIC_0043 mini


橙 (ダイダイ)
PIC_0045 mini


ウラジロ
PIC_0044 mini





お飾りを作るといよいよ年末だなあと感じます。




みなさまにとって新年が良い年でありますように・・・







































16 : 38 : 54 | 稲取の伝統・風習 | コメント(0) | page top
9月9日は重陽の節句 「はんまあさま」 令和元年
2019 / 09 / 09 ( Mon )



台風一過の伊豆稲取 ・ ・ ・




ものすごい暴風雨でした






毎年 9月9日は




伊豆稲取では重陽の節句「はんまあさま」が行われます




DSCF0140 mini-001 perfect




日本で重陽の節句が残っているのは



とてもめずらしいんです





※ 五節句とは ・ ・ ・ 1月7日【七草の節句】、3月3日【桃の節句】

5月5日【端午の節句】、7月7日【七夕の節句】、9月9日【重陽の節句】です






『はんまあさま』 という行事は



とくに漁師の家でおこなわれてきましたが



漁家の減少にともない



祝う家も少なくなりました ・ ・ ・









※ 「はんまあさま」 は唯一



伊豆稲取のみの伝統行事です












「はんまあさま」 とは ・ ・ ・



9月9日の前日、9月8日に



ハマユウの葉と松の葉で



奇数(おうちによっては家族の人数)分の



武士と魚・イカの人形を作り おぼんにのせ



柏餅(かしわもち)やお神酒といっしょに



神前に供えてまつります







20170910-_DSC7011 mini
きれいに洗ったハマユウの葉と松の葉




DSCF0163 mini
ハマユウ





DSCF0142-cut mini



※ はんまあさまはそれぞれの家に



   昔から伝わる作り方がありますので



  すべてがいっしょというわけではありません








翌日の9月9日の夕方



「イカとサンマにならっしぇえよ」



と唱えながら



泣きまねをして海に流します





20170910-_DSC7115 mini





はんまあさまの碑は



龍宮さま(龍宮神社)の鳥居のそばにまつられています





20180909-_DSC2418 mini
はんまあさまの碑



ph _DSC9056-9057-mini
龍宮さま(龍宮神社)






ちなみに ・ ・ ・



龍宮さまのお社についてる看板には




「願い叶えます お気軽にお参り下さい ・ ・ ・ 」



の文字が ・ ・ ・



ほんとうに願いが叶ってしまいそうな



親しみやすく、ほほえましい龍宮さまです











東伊豆町稲取のふるさと学級で



地元の子どもたちが毎年この貴重な行事を行っています





20170910-_DSC7107 mini

※ 今年は台風のため中止となりました










【 はんまあさまの由来 】 (概要)





むかし、むかし、稲取が



小さな漁村だったころのお話です



その年は、海に出ても一匹の魚も捕れず



毎日、毎日



ぼんやり海を見て暮らしていました




そんなある日



龍宮さまの沖にかけて、カモメの群れが



空いっぱいに舞い飛んでいました



久しぶりに漁ができると



勢いこんで漕ぎ出しました



漁師の目はとりやまの下に注がれました



すると、丸太を組んだイカダの上に



戦に敗れたと思われる武士が



折り重なるようにして息絶えていました




海で働く漁師にとっては



遭難者があったり



仏様が流れていたりするのを見て



そのままにしておくことはできません



戦に敗れてイカダの上で



仏様になった武士は



漁師たちに手厚く葬られました




その年を境にして



稲取の沖では



イカとサンマが



たくさん捕れるようになりました




今でも稲取の漁師は



漁をさせてくれる仏様を



「 はんまあさま 」 「 はんまあさま 」 と言って



毎年9月8日、9日におまつりをしています



稲取が小さな漁村だったころのお話です





























02 : 36 : 46 | 稲取の伝統・風習 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>